クラウドコンピューティングEXPOを見てきました

今回は、当社のクライアント「アイロンマウンテンデジタル株式会社」と「東芝情報機器株式会社」さんが出展されるという事で、規模の大きい展示会なので出来るだけ時間をとって見に行こうと考えておりましたが、結局最終日だけ。

ccex002ccex003

とは言え…やはり今注目のIT関連のEXPOなので最終日ながら相当な人数の人が詰め掛けていました。今回の視察のテーマは「とにかく目立つブース」、時間は2時間までと決めて、急ぎ足で会場を巡ってみました。想像ではありますが、世界的な不況の折、展示会への予算も相当厳しい中で、お金を掛けずに目立たせる方法を上手に取り入れている出展社へは、きっと人も集まっているに違いないと…できればそのノウハウを少しでも取り入れたいと考えました。ccex004

まず感じたのは、色の使い方。「黒」をベースに「赤」などは重厚な感じ。通常「白」の柱などが「黒」になるだけで高級感がずっと違ってみえます。また「黒」ベースに「黄」の差し色を上手く使うのも、アテンションの手段としては有効に思いました。あと以外に多かったのは「ブルー」をベースカラーに使っているブース。大きい面積で使ってもうるさくならない事と、クールな印象が人気の理由でしょうか。「グリーン」は環境を意識したイメージを考えているのかも知れませんが、印象的には弱くなるので、色面積が相当な量必要になるように感じます。小さいブースでも、この色遣いによっては、遠くからでも印象に強く残るので、人を寄せる効果は高いように思いました。

ccex001
次に電飾とモニターの使い方、ユーザーの視点に立ってよく考えて創られているところは、見やすく分かりやすくが徹底されていて、ストレスを感じさせない所が「うまい!」と思わず唸らされました。

最後にコンパニオンですが、同行した営業マンは、やっぱり綺麗な人がいると思わず立ち寄りたくなると…言ってました。
私は、ものごし柔らかに「いかがですか?」と、にこやかな表情で話しかけられる方が…とか言いつつ、やっぱり綺麗にこした事はありませんが…男って悲しいですね。それはさておき、今回の視察を当社の今後に活かしていければと思います。

Comments are closed.